オーストラリアの生活
オーストラリアのシドニーに滞在6年後、現在ブリスベンに在住5年目の「ろば」がお届けする現地の日常生活。観光スポットや子育ての様子など日々の生活を中心に情報を発信していきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーストラリアのアスベスト事情
日本で最近話題になっていたアスベストという、建物に使われている材料ですが、オーストラリアでもだいぶ前から問題になっていたんだそうです。

私は日本のニュースを見るまで、そのことに全く気づきませんでした。
つい先日もこちらのニュースでアスベストのことを話していましたが、60年代あたりから80年代までアスベストはよく使われたそうなんです。

そして、なんと、私の家の下の階にもアスベストは使われています!
そういえば、だいぶ前に、下の階の壁を変えようと私が提案した時に、これは有害でな特別な素材だからスペシャルな手続きが必要になるから無理だって言っていたけど、アスベストだったのね。

夫いわく、「壊したりしてそのダストを吸わなければ問題はない」といっていましたが、本当??

そのニュースでは、自分で家の改築をする人がおおいので、その場合のアスベストの扱いや見分け方などについて説明していました。

アスベストは捨てるのに、特別のコンテナを使わなければならないので、そのコンテナを借りるだけでも600ドルとかすごい金額がかかるんだそうです。もちろん、それを捨てるにも料金がかかるんだそうです。

このまま私の家も下の部分は手をつけずに住んでいればいいってことかしら?でもなんか有害な素材というだけで、いや~な気がするんだけど。。。


ポチッと一押しよろしく!
スポンサーサイト
ブリスベンシティーでヌードルを食べる
シティーにあるジャックポットというお店。小さな入り口だけど
店内はテーブルといすだけを並べた学食っぽい感じで結構広く感じます。

ヌードルがメインのようだけど、ごはんものも注文できます。そして値段もお手ごろ。6ドル弱でヌードルが食べれます。

jackpot


野菜がいっぱい入ったヌードル。味はかなり薄めでした(^_^;)
次回は違うヌードルにしよう。。。と思う味って感じでしょうか。
jackpot2


ラクサはスープが結構辛みが効いていておいしかったですね。
ジャックポットはアンザックスクウェアの隣にあるフードコートに入っています。
jackpot1


人気blogランキングへ←クリックしてもらえると励みになります!


自家製ビールのススメ
オーストラリア人のビール好きは有名ですが、ここ、自分でビールを製造しちゃうという人も多いんですよ。
ビールだけでなくワインやスピリッツなども自家製という人もいます。

私の夫もブリスベンに来てから自家製ビールを造るようになりました。
なんといっても、安上がり!!飲む人にとってはかなり経済的なんですよ。

最初にキットを購入しちゃえば、あとはビールの元を買って作るだけです。ビールの元はいろいろあるけど、大抵10ドル前後で購入できますからね。

私たちが購入した自家製ビールのキットはクーパーズというメーカーのもので、これだけでビールが作れるんですよ。お値段はだいたいA$50~60くらいで、他のメーカーも同じくらいだったと思います。(^▽^)
作り方のビデオまでついているんです。
beer


ビールはビールの元や砂糖などをミックスした後、下の写真にある大きな樽のようなものに入れ一週間ほど置いておきます。
そのあと、一本一本のペットボトルへ入れ替えて二週間~三週間後に飲めるようになるんです。
(ペットボトル使用派と瓶ボトル使用派がいます。私達はペットボトル派。
味は同じだと思うんだけど。。。瓶ボトルだと蓋の部分を購入しなくちゃいけないし。。)
beer1


黒い縦長のバーは温度計になっていて、だいたい24℃~28℃くらいに保つようにします。寒い時はヒーターのベルトなどを使用します。(^▽^)

これは樽第二号。キットに入っていた樽だけでは需要に対して供給が間に合わなかったのでもう一つ樽だけ購入しました(^-^;
でも、これを購入した直後、私が妊娠していることがことが発覚して、この日から出産までの禁酒生活が始まった苦い思い出があります。。(ToT)
beer2


これが今ある私たちのストックの一部です。(^▽^)これらはまだ飲める前の寝かしている状態。もう少ししたら飲めるようになるビール予備軍たちです。
beer3


次は作り方をもう少し詳しく紹介しますので、お楽しみに!!

人気blogランキングへ←クリックしてもらえると励みになります!
オーストラリアの有名なハードウェアショップ
オーストラリアでは、お家の改築を自分でするのが流行っています。
ペイントはもちろん、キッチンやリビングを新しくしたり、お庭のランドスケープを自分でしたりと何でも自分でやっちゃうんですね。

もちろん、自分でやるのが大変そうな、大掛かりなものだけビルダーに頼んだりするのもありです。

ちょっと古いお家を買って、改築して高く売るということも多いんですね。

そのため、そういった改築に必要なハードウェアのショップというのが多く充実しているんです。

中でもオーストラリアで最大手なのはBunnings Warehouseです。
あちこちに大きなショップがあります。本当に大きいんですよ。

最近また新しくチェーン店がオープンされたので行ってきました。
[オーストラリアの有名なハードウェアショップ]の続きを読む
copyright © 2005 オーストラリアの生活 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。