オーストラリアの生活
オーストラリアのシドニーに滞在6年後、現在ブリスベンに在住5年目の「ろば」がお届けする現地の日常生活。観光スポットや子育ての様子など日々の生活を中心に情報を発信していきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パンはやっぱり中華系が一番!
日本のパンと比べると、オーストラリアのパンの味は結構シンプルです。とういか、種類が限られるんですよね。デニッッシュ系が多いですね。あとはすっごく甘いクリームにさらに表面に砂糖をまぶしたパンとかね。。。。

ゴールドコーストまで行くと日本のパンが買えるけど、ブリスベン在住の私が行くのは、サニーバンクやチャイナタウンのパン屋さん。
ほとんど日本のパンのようにおいしいんですよ~。

私がいつもサニーバンクで行くのはこのパン屋さんです。

pan1

きれいに陳列されていて、1ドル40セントくらいが平均といった感じ。
アンパンは甘くなくてつぶあんのみとなります。!
pan


私のお気に入りは、ソーセージパンとクリームパンです。どちらも超オススメです。どこも中華系パン屋なら同じような味ですよ。
夫やオージーが大好きなのは、BBQポークバンです。これは飲茶でも大抵のオージーがオーダーする一品ではないでしょうか?

ひとつひとつラッピングされているのもいいでしょ。こんな菓子パンはオーストラリアのパン屋ではないですもんね。日本のパンが恋しくなったらチャイニーズパン屋さんへ行きましょう!
pan2


人気blogランキングへ←クリックしてもらえると励みになります
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
帰国後の報告
ただいま。
クイーンズランド州から無事日本に戻ってきました。リゾート気分が抜けきらない状態で出社したらデスクの上は書類の山。山。山。いきなり現実にもどりました。(涙)
とりあえずちょっとだけ落ち着いたので報告します。

Bargara(Bundagergより海岸に13キロ)に5日間滞在しましたが、とてもすばらしいところでした。気候はいいし、そこにいる人たちもにこやかで、会う人会う人がみんな挨拶してくれました。
町には巨大なショッピングセンターもあり、買い物も便利でした。そうそう。教えてもらったDIYショップも行きましたよ!あの店で家一件分の資材が全部揃いますね。
こんなところに将来住めたら最高だと思いました。ただゆっくり過ごすにはいいのですが、アトラクションや観光目的だと物足りないと思うので、誰にでも勧められる場所というわけにはいかないかもしれません。

ブリスベンではロバさんに心の中で何度も感謝しました。実は食べ物が合わなくて(オーストラリアはジャンクフードが多いうえ、味が。。。)ブリスベンに着いた頃にはちょっとつらくなっていたのですが、教えてもらったクイーンズプラザ内の「Oporto」と日本料理店の「園」でかなり救われました。「Pier Nine」に土曜日のランチに行った所、残念ながら閉まっていました。
コズマートにも立ち寄りましたよ!ロバさんが写真を撮って公開してくれたカンガルーの置物も見つけて一人ではしゃいでいました。
で、教えてもらったヘーゼルナッツとキャラメル味のホットチョコレートを友人達のお土産にしました。自分にも買ってきたので後で試してみます。
いろいろありがとうございました!
来年か再来年にはまたQLD州にお邪魔しようと思っていますので、これからもこのページに寄らせていただきますね。
今後もよろしくお願いします。
2005/08/23
(火) 16:01:26 | URL | kikko #-[ 編集]
無事に旅行を終えられたのですね!!
お疲れ様でした~。バンダバーグは行ったことないけど、想像できま。きっとのんびりしているけど、あきちゃう感じでしょうかね。Pier Nine残念。。。次回の渡豪時には是非行かなくちゃですね。少しでも私の情報がお役に立てたようで、うれしいです。励みになります。ありがとう!!
2005/08/23
(火) 19:06:45 | URL | ろば #-[ 編集]
おいしいパン
>ほとんど日本のパンのようにおいしいんですよ~。
パンってもともと西洋のものなのに、日本のパンのようにおいしいんですといわれると、こちらもうれしくなりますね。
うちも、朝はパンですよ。
2005/08/23
(火) 21:42:29 | URL | taka #-[ 編集]
自分の育った国の味だからおいしいって感じるのかしら。。いや、オージーの夫もおいしいって感じるみたいだから、やっぱりおいしいんですよね。
2005/08/24
(水) 07:00:04 | URL | ろば #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 オーストラリアの生活 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。