オーストラリアの生活
オーストラリアのシドニーに滞在6年後、現在ブリスベンに在住5年目の「ろば」がお届けする現地の日常生活。観光スポットや子育ての様子など日々の生活を中心に情報を発信していきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Rosieの自我全開!?
最近のRosie(1歳8ヶ月の娘)は自我に芽生えたというか、自分の主張を通そうとするかのような態度が出てきて、こちらも大変です。

言葉はこちらが言っていることはほとんど理解しているみたいだけど、Rosieの言っていることは半分くらいしかわかりません。
そのせいもあるのかもしれないけど、何かを欲しがって言葉を発しているんだけど、それが何かわからず、お互いに「もーっ!!(怒)」となったりもしばしば。

食事中も、目の前にあるもの以外のものが欲しいときは、それを手に入れるまで泣いたりして大変なことがあります。

なんでもRosieの言うことに従っていてはいけないと思って、こっちがダメと言ってみても全然あきらめないんですよね。最近では泣いてもダメなものはダメという態度をとるようにしています。でないと、泣けば全て手に入ると思われちゃいますから。これって自我というよりも反抗期なのかしら??よくわかりません。言葉が理解できるようになったらもう少し状況も変わってくるんでしょうね。それまでは仕方ないかな。。。はぁ~

先週末、同い年の子供のうちに遊びに行ってきました。相変わらず一緒に遊ぶという感じではないけど、お互いが遊んでいるおもちゃが気になるらしく、奪い合いをしたりしてました。。。
rose6

テーブルにも乗っかっちゃうし。。。
rose5

座ったら座ったでこんなだらけた格好だし。。。
rose4

しつけって難しいですね。

他の海外生活も見てみよう
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Rosieちゃん早いですね!
もう、自我全開!ですね。
日本では、大体2歳になるとこんな感じで手に負えないってみんな言います。「魔の2歳児」とか・・・。
うちは、長男がそんなに激しくなかったので楽でしたが、下の娘はなんだか激しくなりそうな予感・・・
2005/09/01
(木) 08:41:22 | URL | AKI #-[ 編集]
かわいいね
そうかあ、ロッチーもそういうところあります。2歳児ですから・・・(^^ゞ 
仕方ないし、いこじなところをいかにするっと通過させて気分転換させるのが大人の役割みたい。*っていろんな育児書に書いていました。
またいってるなあ。とさらりと交わし、
そういえば、こっちにこんなのあるよーーって他のことに興味を移すようにしたりして適当にやっていったほうがこういう時代はお互いにとって楽ですよ。(保母時代の経験からも)
2005/09/02
(金) 00:00:55 | URL | ろちまま #-[ 編集]
AKIさん>

こちらでも魔の2歳児と呼ばれています。女の子は早く来るのかもしれないですね。さてさて、どうなることやら。。。(笑)


ろちまま>

そっかー。ロッチーは正に2歳児か。他に興味を持っていけばいいんだよなーと思いつつ、泣いたときの声がでかいから、私の言っていることなんて、耳に入ってないと思う。。。自分でも聞こえないし。言葉がわかればちょっとは変わるかなぁ。。。と思っているんだけどね。
2005/09/02
(金) 07:27:15 | URL | ろば #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
自我自我(じが)は哲学および心理学における概念。...
2005/09/11(日) 16:15:35 | 心理学探究
copyright © 2005 オーストラリアの生活 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。